沖縄の特産品!黒糖を使ったスイーツ!

素朴な味わいでとても人気

沖縄県といえば、サーターアンダギーをはじめ、ちんすこうやマンゴーなど美味しいスイーツがたくさんあります。また、意外と知られていませんが、沖縄には黒糖を使ったスイーツも充実しています。たとえば、郷土菓子としてタンナファクルーは沖縄県内で絶大な人気を誇ります。県内のスーパーに行けば、様々なメーカーのタンナファクルーが販売されているのです。そもそもタンナファクルーとは、小麦粉と重曹と黒糖と水を混ぜたものを型に流して焼いたお菓子のことです。黒糖の甘い香り、生地のふかふかの食感は、一口食べると止まらない美味しさだと言われています。沖縄では子供からお年寄りまで大好きなお菓子なので、現地に旅行に行ったら試してみると良いでしょう。

沖縄風のクレープは人気

沖縄には、沖縄風のクレープといわれる「ちんびん」というスイーツもあります。こちらは、小麦粉と黒糖を水で溶いた生地を鉄板で丸く平たく焼き上げてから、クルクルとクレープ状に巻いたお菓子のことです。もともと「ちんびん」は中国から伝わったお菓子で、来客への歓待料理や祝賀料理として提供されてきた歴史があります。生地のモチモチとした食感、黒糖の優しい甘さが特徴的で、一度食べるとクセになる味だと評判です。子供から大人まで当たり前のようにおやつとして食べています。「ちんぴん」は沖縄県内のスーパーでリーズナブルな価格で購入できるほか、お家で手軽に作れる「ちんびんミックス」が販売されています。そのため、沖縄に旅行で訪れた際は気軽にお土産に購入することが可能です。

鹿児島最南端に位置する与論島の旅行は、沖縄とは一味ちがう見どころで一杯です。島内に広がるサトウキビ畑、熱帯植物園や民俗村、そしてコバルトブルーの海に、星砂の白浜があなたをお待ちしています。